1、行政書士が株主で役員の多くは行政書士が務めています。
行政書士(法律家)が不動産業を兼業しておりますので安心です。

2、操業が昭和60年で、宅建の免許番号も9番です。安心こそが不動産業者の命です。長く続けてきたことは安心です。

3、宅建業は飽くまでも兼業です。そして宅建取引士以外は、兼職ですので儲けにあくせくしません。
お客様のために良い仕事をさせて頂きたいと思います。

4、当社の多くの宅建業務は相続手続きに絡む業務が多くありました。特に相続と債務整理のための不動産処分は得意としています。

5、出来るだけ、専属専任や専任媒介契約はせずに一般媒介契約をお勧めしてご自分でも処分ができる、またはいつでも他の業者に依頼することができるように努めています。

6、法務と会計の専門家の頭脳集団です。余り他に類はないかもしれません。

7、消費者団体である一般社団法人全国消費者協会から推薦も得てトラブルのない仕事に努めています。

株式会社東京合同法務会計事務所